大橋照子(おおはしてるこ)フリーアナウンサー

山口県出身。慶応義塾大学文学部ドイツ文学科卒。
ラジオNIKKEIにアナウンサーとして入社。
「ミュージック・アルバム」「ヤロメロ」などで、DJ番組がブレイク。一躍人気DJとして、全国のリスナーに支持される。
その後、フリーとなり、「大橋照子のラジオはアメリカン」(TBSラジオ)、「ルックルックこんにちは」(日本テレビ)、「ポップスベストテン」(ニッポン放送)などを担当。
1985〜1990 アメリカ・サンフランシスコに住む。
現地の日本語放送「ラジオ毎日」でも活躍。
帰国後、「大橋照子のラジオはカプチーノ」(TBSラジオ)、「大橋照子のこれでキメましょう!」「大橋照子のしゃべりバビデブー」(文化放送)、ラジオNIKKEI「テルネット・イン」などを担当。
また今までに、文化放送アナウンス教室・講師、ラジオたんぱアナウンス塾・講師、都内大手デパート館内アナウンス指導や会社研修・社員研修・講演などで幅広く活躍。

現在、ラジオNIKKEI「私の書いたポエム」毎週日曜夜8時30分を放送中。(オンデマンド放送で24時間聴けます)
ラジオNIKKEIモバイル「大橋照子のドキドキラジオ」も配信中。
テレビ番組ナレーション「いい旅夢気分」「湯ったり天国」「ローカル列車が行く」ほか(テレビ各局)を放送中。
バスや鉄道の車内アナウンスや、駅のホームアナウンスも担当中。

著作本
「愛の風は風力3」(祥伝社)
「80%の愛と哀しみと」(学研)
「ベストライフ」(翻訳・徳間書店)
「チェリーちゃんとアインシュタインぼうや」(いんなあとりっぷ社)
「少しは、恩返しができたかな」(講談社) など。
*2006年3月、「少しは、恩返しができたかな」(講談社)が、TBSでテレビドラマ化された。